ミニ四駆復帰のきっかけ

255

姪っ子と甥っ子の誕生日プレゼントを買いにヨドバシカメラに行ったとき、6歳になる姪っ子へのプレゼントは前から気になっていたアクセサリーを作れるおもちゃにすぐに決まったものの、4歳になる甥っ子の誕生日プレゼント選びで迷ってしまった。プラレールがいいのか、トミカがいいか。プラレールならドクターイエローの車両とレールがセットになったやつが良さそうだし、トミカなら消防署のセットのやつが面白そうだし・・・。プラレールのコーナーとトミカのコーナーを行ったり来たりしているうちに疲れてしまったのでちょっと気分転換をしようとほかのおもちゃ売り場を見に行くことに。



ラジコンはもうちょっと大きくなってからの方がいいだろし、仮面ライダーや戦隊物にはまだあまり興味がないみたいだしとうろうろしていると、ふとミニ四駆のコーナーにつきました。小学生くらいになったらミニ四駆もいいなと考えながら見ていると見慣れないミニ四駆が実に多いことに気が付きました。自分が小学生の頃にはダッシュ四駆郎が大ブームで近所のおもちゃ屋で予約をして買ってもらった思い出があったり、中学から高校生くらいの頃には爆走兄弟レッツ&ゴー!!が流行っていたことは知ってましたが、それらのマシン以外のものが結構出ていること、そしてエンペラーやシューティングスターとかダッシュ四駆郎に登場していたマシンの新型が出ていることを知り、思わず手に取ってみるとシャーシが全然違うこと、そしてモーターが真ん中にあるということに驚きました。知らない間にずいぶんミニ四駆が進化している!



そう思うとせっかくだからちょっと最新のミニ四駆を作ってみたくなり、甥っ子のプレゼント探しを中断してミニ四駆選びを初めていました。ところがMAシャーシ?ARシャーシ?全然知らないシャーシばかりで何を選んだらいいのかもわからない状態です。こっちはタイプ3シャーシで情報が止まっているのでシャーシの特徴もよくわからないからひとまず今日のところはやめにしよう。

そして当初の目的である甥っ子の誕生日プレゼント探しに戻り、プラレールのドクターイエローセットに決定。姪っ子と甥っ子のプレゼントを購入して帰りの電車の中で早速ミニ四駆の情報収集をすることに。調べていくうちにミニ四駆の奥深さ、面白さにどんどん引き込まれ、新橋にタミヤプラモデルファクトリーがあり、そこにはミニ四駆のコースが常設されているから作ったミニ四駆をコースで走らせることができるならこれはミニ四駆をやらないわけにはいかないなと、約20年ぶりにミニ四駆復帰を決めたのでした。





タミヤならではのオンライン限定商品!!

タミヤならではのオンライン限定商品!!

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。