加工がはかどる!ミニルーターが便利すぎる

171

MA強化シャーシをバンパーレスにしたり肉抜きしようと思ってプラ用ノコギリやヤスリで加工していたのですが時間がかかって面倒。なんとかして効率化できないかと思って工具を探していたらちょうどいいミニルーターを見つけました。浦和工業株式会社の電池式マイクログラインダー。電池式なので取り回しもよく、電池でもミニ四駆の加工には十分なパワーです。

ミニルーター

ミニルーター

ミニルーター

ミニルーター

バッテリーは底から入れてスイッチも底面にあります。丸ノコを付けたときなんかはちょっと注意がいりますね。



ビットも豊富で切断・研磨・穴あけまでOK

カッティングディスクセット

ミニルータービット(丸のこ)

ミニルータービット(丸のこ)

大まかに切断するときにすごく便利!強化シャーシもサクサク切り進んでいきます。気をつけなくちゃいけないのは丸ノコ特融のノックバック。注意しないと刃がはじかれて思わぬケガをしてしまう可能性があるので加工中にはよそ見や油断は大敵。

ミニロールサンダーセット

ミニルータービット(ミニロールサンダー)

ミニルータービット(ミニロールサンダー)

ゲート処理が終わった後のならしに使えるかと思ったけど目の細かい方でも結構ガシガシ削れちゃうので使いどころはちょっと難しいです。なるべく表面をなでるようにするといい感じになりますが、仕上げの処理は別途やらないと表面は結構荒いです。



ダイヤモンドバーセット

ミニルータービット(ダイヤモンドバーセット)

ミニルータービット(ダイヤモンドバーセット)

削るように購入したビットですが目が細かすぎて削るというよりかは研磨っぽいのでロールサンダーと用途がかぶっているような使い勝手です。

スチールカッターセット

ミニルータービット(スチールカッターセット)

ミニルータービット(スチールカッターセット)

こっちはゴリゴリ削ってくれます。丸ノコで大雑把に切断した後にこのスチールカッターで削っていってダイヤモンドバーで表面を処理していくとイイカンジ!



削りカス対策は必須

ルーターを使って加工していると細かい削りカスが結構出ます。特にダイヤモンドバーで削っているとすごく細かい粉みたいなカスが飛び散りますので何も考えずに机などでやると悲惨なことに。ミニ四駆のキットの箱で簡易的な加工ブース代わりにするだけでも掃除の手間が全然違うので何かしらの用意は必要です。

あとは万が一削った破片が目に入ったりしたら危ないので保護ゴーグルや削りカスを吸い込まないようにマスクもしておくと安全です。

最新の更新を
プッシュ通知で購読しよう

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。